強制露出願望少女 私、もう一度恥ずかしい目にあわされたい…少女は毎夜オナニーに耽るのだった

強制露出イラスト by業禍in(コッショリ)様

ツイッターでこんなイラストを見つけました。

業禍in(コッショリ)様の作品です。

強制露出少女

いいですねえ。

抵抗不能状態にされて強制露出

う~んマンダム

強制露出願望を抱くようになった女の子の官能小説

道端にこんな女の子が…

スカートを頭の上で手首ごと茶巾しぼりにされ、パンツは脱がされ大股開きにさせられている。仕上げはご丁寧にも尻の穴にリコーダーを突き立てられ、さすがにメロディにはならないが、力弱く音を立てている。

少女は、防犯ブザーであまりにしつこく大人をからかってしまったため、ついにはブチ切れられて強制露出させられてしまったのだ。

 

こ、こんなことって…

拘束されてカラダの自由を奪われているので、丸出し状態から逃れられない。
モロ出しで固定、あまつさえ尻に突き立てられたリコーダーは恥ずかしい音を奏でている。
それを知らない道行く人に見られてる

は、恥ずかしい…!

恥ずかしいと言えばあまりの恥ずかしさだ。こんな恥ずかしいことがあるだろうか?カラダ中が真っ赤に染まっておかしくなりそうだ。

でも…なに…この感覚は…

なんだか頭が痺れて…股間が…おまんこが…ヘンな気持ち…

こんな感覚初めて

おまんこが…おまんこに意識が集まって、熱くなって、ジュッって何かが出てくる…おしっこ?じゃない…なに…

強制露出させられてめちゃくちゃ恥ずかしいはずなのに、わけのわからない初めての感覚が襲って来る。

これって気持ちいいの…?

しばらく丸出しで不思議な感覚に浸っていたが、割とすぐに道行く人が助け出してくれた。日本のことだし、結局、イタズラされたりしなかった。

割とすぐと言ったが、少女にとっては気が遠くなるような体感だった。しかし、それはあまりにも甘美な体験であった。

 

ふらふらと家までたどり着いて自分の部屋にこもる。

あの体験、あの感覚が蘇る。おまんこはまだ疼いている。

少女の手は自然に股間に伸びる。触れると痺れるような感覚があり、ジュッっとなる。

少女は無意識のうちにおまんこを弄り始めた。

まごうかたなきオナニーだ。だがオナニーなんて女の子は知らない。夢中で操られるように貪っているだけだ。

しばらく無我夢中の時が過ぎ、ついには大きくビクンと痙攣したようにのけぞった。絶頂だ。

ハアハア息を荒げながら、余韻に浸る少女

それから、少女は毎日毎夜マスターベーションに耽るようになった。それがマスターベーションだとは知らなかったが。

抵抗できないように拘束されて、丸出し状態で道行く人に見られる

強制露出シーンを想像するとわけのわからない昂まりがこみ上げて来る。

 

ああ、わたし知らない人に恥ずかしいところを見られてる…

もう一度、もう一度あんな目に遭わされたい…

 

少女はいけないことだと分かっていても、強制露出願望から逃れることはできなかった。

変態的な妄想をしては無自覚に自慰行為に耽る少女

狂おしく強制露出を求めてするマスターベーションはたまらないものだった。官能に目覚めたばかりの少女には刺激が許容範囲を超えていた。

少女はまさに快楽に溺れてしまった。

 

やがて、少女は自慰だけでは物足りなくなり、防犯ブザーとリコーダーを手に街へ繰り出すのだった…

to be continued

強制露出願望少女いないかな...

こんな目に遭わされたら、

絶対、恥ずかしい気持ちと一緒に、

本人の意思とは無関係に

変態的な悦びを感じずにはおられないんじゃないかな。

そして強制露出願望を抱くようになる…

と思うんだけどな。これも妄想か(笑)

 

業禍in(コッショリ)様、ありがとうございました!

本物素人を露出羞恥させ野外でお漏らしさせちゃいました

お楽しみ頂けましたでしょうか?

今回のコンテンツいかがでしたか?

あなたのフェチ心をくすぐりましたでしょうか?

今回は、ツイッターイラストからの官能小説を紹介してみました。

 

あなたは、この官能小説におひねりをしてもいい、とお思いになったでしょうか?

おひねりに値するとお考えになるのでしたら、下のおひねりボタンからお願いします。

わたしの作品を評価してください。

「こんな作品にはおカネを払うわけにはいかない」

「これなら是非評価したい」

など、あなたのシビアな評価を待っています。

今後も皆様が共感できるコンテンツを目指して頑張ります。

ほかのページもご覧くだされば幸いです。

 

それでは、よろしくお願いします。


アダルトブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です