【無料動画】JKの放尿音を盗み聞き♡すごい尿圧!轟く尿音!

創作妄想官能小説
女子トイレの尿音を盗み聞き

小説の前に、小説の元となった、すごい尿音の動画。無料ですよ

【女子トイレの尿音を盗み聞きしたボクの結末は...】

今、僕は公園のトイレの個室にいる。

となりの個室から生きのいい尿音が響く。

JKの放尿だ!

 

先日、『青春と変態』という小説を読んだ。

これだ

著者は会田誠という有名な現代美術家。

会田誠は、性を匂わせる変態的な作品を作成していて、「鬼畜系」などと自称したりもしている。

 

手足を切断された裸の少女が犬のように鎖につながれてニコニコしている絵画

 

会田氏がどういう意図に基づいてこの作品を描いたのか分からないが、妄想としてこういうのもありだと僕は思う。

現実には許されないことでも、妄想は自由だ。

 

それで、『青春と変態』だが、会田氏の変態作風がいかんなく発揮されている。

山なんかの古いトイレで男女兼用のケースがある

そういったトイレの個室で待ち伏せして、隣の個室で放尿する女性を覗く

というのがテーマだ。

そういうトイレに限って、個室の仕切りの下部の隙間が広くて、覗いてくださいと言わんばかりだったりするんだよねー。

 

放尿、おもらしなどおしっこフェチの僕はこの変態小説を存分に堪能した。

 

で、当然、こんなトイレないかなーと妄想した。

 

能動的に覗いたら犯罪かもしれないが、たまたま見えちゃいましたなら不可抗力じゃないか?

そんなことを妄想して過ごしていたある日、見つけた。そんなトイレを!

男女兼用のトイレではないので、覗いたりは出来ないが、仕切りの壁が薄くて、男子トイレの個室にいると、女子トイレの様子が手に取るようにわかる。

 

衣擦れの音から尿音まで…

 

そしてなんといっても、利用する女性がほとんど女子高生なのだ。

その辺はバッチリリサーチ済みである。

 

僕は利用者が多い時間を見計らって、男子トイレの個室に忍んだ。

ちょっと犯罪かもとびびったが、逆に禁忌感で興奮が高まりもする。

 

ジャーー‼︎

 

わぁ、JKの生尿音!感動するなあ。

次から次へとJKたちが勢いよく放尿する。パラダイス!生きてて良かった!

 

ジャーー‼︎

 

それにしても、みんなすごい勢いだなあ。

すごい尿圧、すごい尿音だ。

女の子だから、チョロチョロって感じかと思っていたのだが、もう男子顔負け。

バタンッ!と飛び込むように入ってきて、もう漏れそうとばかりに慌ててパンツを下ろす音が聞こえて、次の瞬間、猛烈な尿音が響きわたる。

ギリギリまで我慢してるのかな。あの調子だとパンツ下ろすのが間に合わなくて、おもらししちゃう子もいるんじゃないかな?

尿音とか尿圧とか、あまり使わない言葉だな(笑)

 

で、女子高生の放尿で興奮した次に考えることと言えば…

当然、シコシコ、マスターベーションですね。

 

尿音を記憶に刻んで、帰宅後に思い出しながらするというのも考えられるが、せっかくトイレにいるんだし…

 

シコシコ、JKの尿音を生で聞きながら、シコシコ

 

向こうの音が聞こえるんだから、こっちのシコシコ音や、はあはあ喘ぐ声も聞こえているかもしれない。

 

でも、もう我慢できない。

JKにオナニーを悟られるという想像も、また興奮する

僕は夢中で手淫を貪った。

 

すると、個室の男子トイレ側の周りに人が群れる気配がした。

 

オンナの子の怒声があげられた。

「出てこい変態野郎!」

「シコシコやってんじゃねーよ!」

ドアが蹴られる。

 

どうやら、女子高生たちに囲まれたらしい。

まずいな…でも…

でも、JKたちに嬲られるのも悪くない…

JKたちの前で射精とか…

 

僕は下半身裸でギンギンに勃起させて、個室から出た

to be continued…

おしっこ談義

この人どうなったんでしょうねえ

JKの前で射精できたらいいんだけどねえ

 

それはさておき

みなさんはおしっこ好きですか?JKの

スカトロをイメージする人もいるかもしれません

わたしも、うんこは好きではありません

でも、おしっこは好き!

女の子が我慢しきれなくなって

意思に反してもらしてしまう

というのがいい

おもらしなんて恥ずかしいのに漏らしてしまう

「恥ずかしいのに」、「してはいけないのに」

というのがフェチポイントです

みなさんのフェチポイントはどこですか?

▼おしっこ無料サンプル動画です▼
DUGA作品

DUGA作品

DUGA作品

お楽しみ頂けましたでしょうか?

今回のコンテンツいかがでしたか?

あなたのフェチ心をくすぐりましたでしょうか?

今回はJKの尿音・尿圧がテーマの官能小説を紹介してみました。

 

あなたは、この官能小説におひねりをしてもいい、とお思いになったでしょうか?

おひねりに値するとお考えになるのでしたら、下のおひねりボタンからお願いします。

わたしの作品を評価してください。

「こんな作品にはおカネを払うわけにはいかない」

「これなら是非評価したい」

など、あなたのシビアな評価を待っています。

今後も皆様が共感できるコンテンツを目指して頑張ります。

ほかのページもご覧くだされば幸いです。

 

それでは、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です