会員制近親相姦掲示板

今回は、架空の「会員制近親相姦掲示板」という体裁で官能小説を創作しました

近親相姦は極上の果実のような魅力を帯びるのでした…

【会員制近親相姦掲示板】

はじめまして

いつも皆様の近親相姦カミングアウトを楽しませてもらっています。

恥ずかしながら、わたくしも近親相姦体験をしてしまったので、ここに報告させてもらいます。

わたしには小学5年の一人息子がいます。わたし自身は離婚を経験したバツイチです。いわゆるシングルマザーですね。

父親と離れて暮らしているせいなのか、息子はすごく甘えん坊です。

小学5年生になっても、わたしのオッパイを恋しがり、もんだり、時にはおしゃぶりしてきたりします。

そして、毎晩、一緒にお風呂に入っているのです。

小学5年生ですから、そろそろ性に目覚める頃ですが、まったくそういうそぶりも見せず、ママ、ママ、と無邪気にオッパイを求めてきます。

わたしも母子二人きりで息子が可愛くて仕方がなく、いつまでも子供でいて欲しい、と油断していました。

その日も、いつもと同じように二人でお風呂に入っていました。

ふと、オッパイと戯れる息子のおちんちんを見ると、チョロチョロと毛が生えているではありませんか。陰毛です。

そう、やはりいつまでも子供というわけにはいかないのですね。

見せてごらんなさい、と息子を前に立たせ、しげしげとおちんちんを観察しました。

まだ剥けていない仮性包茎ですが、もう立派なおちんちんでした。ついこの間まで、愛くるしいどんぐりのようなおちんちんだと思っていたのに、ちょっと見ない間に成長してしまって…毛まで生えてしまうなんて…

なんだか息子が離れていってしまうようで、さみしい気がする…そんな気持ちに浸っていると

息子のおちんちんがむくむくと起こり立ちはじめたではありませんか。

息子は手で隠そうとしましたが、わたしは制して、おちんちんを手に取りました。

硬くなっています。

さらに大きさも硬度もどんどん増し、ついには皮から顔を出し、天を指してそびえ立ちました。

元夫より大きい…こんなに立派になっちゃって…

わたしは我を忘れて息子のおちんちんに魅入ってしまいました。そして、知らないうちにわたしの手は息子のおちんちんをしごいていました。

ママ、ダメ、ダメ、と息子はうわ言のようにつぶやいています。

わたしは夢中でしごき続けます。

そして、ついに、息子は呻き声をあげて、射精しました。

勢いよく、わたしの顔や胸に飛び散りました。

小学生でも射精するのね…こうなることはわかってたけど…

息子は、母親におしっこをかけてしまったことと、白いおしっこが出て病気になってしまったという勘違いとで、混乱して取り乱しているようでした。

わたしは、大丈夫よ、ヨシくんは大人になったのよ、と簡単に性教育のレクチャーをしてあげました。

ボク大人になったんだね、とはにかんだように言う息子。

気づくとわたしの股間は濡れていました。こんなに興奮したのは久しぶり。でも、その相手が自分の息子だなんて…

わたしは精液にまみれながら勃起を続けるおちんちんをきれいに処理してあげました。

その夜、わたしは興奮して眠れず、ベッドで身悶えしました。息子を想像しながらするマスターベーションはいつもの数倍の感度でした。

いけないわ、こんなこと。でも…いけないと思うほどに息子のおちんちんを欲してしまう…そのうち一線を超えてしまうかもしれない…

それから数日、わたし達はギクシャクして過ごしました。視線が合うと照れ笑いし、一緒にお風呂に入っても、変に意識して、性的な行為には至りませんでした。でも、そっと見るとおちんちんははち切れんばかりに膨張しています。

そんなある日、洗濯しようと息子の下着を手に取ると、あの特徴的なすごく生臭い性の匂いがして、ぐしゅぐしゅになっているのです。

夢精したのね…

わたしは意を決して息子を呼び寄せました。

夢精について教え、そして、息子のズボンとパンツをずり下ろし、おちんちんを露出させました。もう最大限に勃起しています。

息子はまたしてもらえると期待したようでしたが、そうではない、自分で処理して、パンツを汚さなくて済む方法を教えてあげる、とマスターベーションの仕方を示しました。

息子は母親に見られてするのに興奮したのか、あっという間に飛び散らせるのです。

見ていたわたしも切なくなって、お口で掃除してあげました。息子はこんなことするの、とびっくりし、あまりの気持ち良さにもう一度口の中で射精するのでした。

とうとう息子にフェラまでしてしまいました。タブーを犯してしまった…でも、それは宝石のような手触りでした。

それから、毎日、息子はわたしの見ている前でマスターベーションするようになりました。どうやらオナニーは見られてするものだ、と勘違いしてしまった模様です。そういうわたしも我慢しきれず、毎回お掃除フェラをしてしまいます。

息子にフェラをするという背徳感はたまりません。

息子は無邪気に、ママとセックスしたい、と言います。

こんな関係が続いていますが、インサートまでは至っていません。母子で一線を超えてしまうのは…でも、いけないことだ、してはいけない、と思えば思うほど欲望は募り、近親相姦は極上の果実のような魅力を帯びるのでした。この掲示板の皆さんの気持ちが痛いほど分かります。

この先、どうなってしまうのか、怖いような、狂おしいような。

次の展開があれば、また、この掲示板で報告します。ということはすでに一線を越えるつもりでいるっていうことですね…

それでは

近親相姦AVを紹介します

母さんの手コキでベロちゅ~

ーーーーーーーーーーーーーー

今回のコンテンツいかがでしたか?

あなたのフェチ心をくすぐりましたでしょうか?

今回は、近親相姦掲示板を模して官能小説を創作してみました。

「この母子関係興奮する!」

と共感された方はぜひコメント&おひねりを‼︎

今後も皆様が共感できるコンテンツを目指して頑張ります。

ほかのページもご覧くだされば幸いです。

 

ほな、マンポロピー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です