セクシーランジェリーはオトコの夢!純白パンティーにいちごパンツに縞パンに…

アダルトグッズ官能小説
彼女でセクシーランジェリー試着会

「ちょっとこのパンツひろげてみて」

「自分で見たらええのに」

「いやあ、オトコが触ったらまずいやろ」

今、彼女と下着売り場にいる。

オレはオンナの下着、いわゆるセクシーランジェリーが大好きで

彼女にオレ好みの下着を着せるのが趣味だ。

彼女と下着売り場で物色するのも楽しくて仕方ない

「あんたこんなん好きやな~」

オレが選んだのは、コットンのカジュアル下着。

キャラの模様がプリントされている。

「やわらかくフニャッと肌に密着する感じが可愛いねん」

「ふ~ん」

「こっちは?」

「またこんなん選んで、ロリコン丸出しやんか」

今度はいちごパンツ。

オレは基本的に可愛いパンツがいい。

黒や赤のセクシーなのがいいってオトコがケッコウ多いが、

オレは絶対可愛いヤツ。ちょっとロリはいってるような。

いちごパンツに縞パン、水玉

色は基本的には白、パステルカラーもあり

純白にリボンのワンポイントなんてスタンダードもよい

「ほんなら、コレとコレと、こっちも買おか」

オレは5着ほど、ブラとショーツを選んだ。全部ロリ系。

「ほんまに好きやねえ。こんなに下着ばっかり買ってどうすんの?」

「せくしーらんじゅえりーはオトコの夢やねん」

「ハイハイ、あほちゃうか」

オレはしょっちゅう彼女の下着を大量購入していて、

オレの部屋はランジェリーにあふれている。

 

彼女とオレの部屋に帰った。

ここからがお楽しみの本番。

セクシーランジェリー試着会だ!

「さ、さ、早く着替えて!」

「はいはい、好きねえ」

彼女とはもう肌を合わせた仲なので、目の前で着替えさせる。

下着に着替えるので、当然、裸になる。

裸の彼女がつぎつぎとオレ好みの下着姿を披露する。

いやあ、なんて楽しいんだろう!

彼女はもうあきれているというか諦めているというか

でも、ケッコウ楽しんでるんじゃないかな

 

今日のフィナーレはいちごパンツで飾った。

そして、いちごパンツからあ〜のベッドイン。

 

可愛い下着の上から、おっぱいやクリトリスをなぞる。

うひひ、たまらんなあ~

パンツに染みが浮き始める。

オレの股間がもう我慢できないと言ってるので

脱がしにかかる。

でも、全部は脱がさないで、半脱ぎにするのが醍醐味だ。

やや窮屈な挿入になるが、それが逆に興奮する。

 

ランジェリーも立派なアダルトグッズやね。

みなさんもせくしーらんじゅえりーを堪能して

豊かなセックスライフを送りませんか?

 

いやあ~セクシーランジェリーってホントにいいもんなんですね(水野晴郎調で笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は、わたしの下着の趣味暴露です。

わたしは黒とか赤のセクシー路線より

可愛い系だなあ~

児童用の白いまったく意匠のないやつもかわいらしい

全然膨らんでない女児が背伸びしてブラを着けてるーいいですねえ

やっぱりわたしってロリコン…

サンタクロースの下着
サンタオープンブラ&ショーツ
サンタオープンブラ&ショーツ

 


アダルトブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です